メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

村治佳織

映画音楽で新境地 アルバム「シネマ」

 クラシックギターの村治佳織が、映画音楽だけを集めたアルバム「シネマ」(ユニバーサル)を発表し、注目されている。村治はデビューして25年。20年前のアルバム「カヴァティーナ」(ビクター)でもタイトル曲や「マイ・フェイヴァリット・シングス」「コーリング・ユー」など映画音楽にチャレンジしている。

 村治は「世界の音楽ビジネス状況がCDからインターネットに移行し、『何をどう作るべきか』も変化している。新しいファンも取り込み、クラシックギターの魅力を広めるチャンスでもある。私は音楽の世界を旅する旅人なので、どんな場所にも行って楽しみたい」とポピュラー音楽への挑戦をにこやかに説明する。

 原作がポピュラーといっても、リスナーの耳にはクラシカルに聴こえる。村治は「それはよかった」と一息つ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  2. 第91回選抜高校野球 きょう開幕 父追い、聖地に一歩
  3. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断
  4. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  5. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです