メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中間選挙

上院が確定 共和2議席増の53議席に

ミシシッピ州で上院補選決選投票 共和党現職が当選確実に

 【ワシントン鈴木一生】6日に投開票された米中間選挙で接戦となった南部ミシシッピ州で上院補選の決選投票が27日にあり、共和党現職のシンディ・ハイドスミス候補が、民主党のマイク・エスピー候補を破って当選を確実にした。これで上院(定数100)の2補選を含めた全改選議席が確定し、共和党は改選前の51から議席を2増やした。来年1月から始まる新議会は、非改選を合わせて共和党53議席、民主党47議席の構成となる。

     補選には共和党2人、民主党1人、無所属1人の計4人が立候補。6日の1回目の投票では、ハイドスミス氏がエスピー氏に得票率で1ポイントの差をつけ、最多票を得た。だが、過半数には届かず、同州の規定で上位2人による決選投票に持ち込まれた。

     ミシシッピ州は2016年の米大統領選でトランプ大統領が民主党のクリントン元国務長官に約18ポイント差で勝利した共和党の地盤。今回も共和党が大きく優勢だと見られていたが、ハイドスミス氏の「(支持者に)招かれたら最前列で絞首刑を見てもいい」との発言が、ミシシッピ州で起きた黒人に対するリンチ殺人の歴史を想起させるとして激しい批判を浴びた。

     そのためトランプ氏は26日に現地入りし、2回の演説会を設けるなど最後の1議席獲得に全力を挙げていた。トランプ氏はツイッターに「ハイドスミス氏、大勝利おめでとう」などと書き込んだ。

     全議席改選の下院(定数435)は27日現在、残り一つの選挙区で結果が確定していない。改選前議席は共和235、民主193、欠員7だったが、これまでに民主党が234議席を獲得し多数派の座を奪還。共和党は200議席となっている。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
    2. ORICON NEWS 楽天・松井裕樹&石橋杏奈が結婚「より一層野球に精進」
    3. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
    4. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用
    5. 2件の殺人「告白」の死刑囚に無罪判決 東京地裁「告白内容は信用できない」 

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです