メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東都大学野球

初の首位打者・国学大の横井佑弥捕手を表彰

首位打者賞に輝いた国学大の横井=2018年11月28日午後7時49分、平本泰章撮影

 東都大学野球秋季リーグの表彰式が28日、東京都内で行われ、打率3割7分5厘(32打数12安打)で初の首位打者に輝いた国学大の横井佑弥捕手(4年・大阪桐蔭)に、毎日新聞社からブロンズ像が贈られた。最終戦で規定打席に到達しての受賞に、横井は「滑り込みだったけど、タイトルを取れたことに変わりない。率直にうれしい」と笑顔を見せた。

     これまで打撃面では目立った成績を残せず、下位打線に名を連ねることが多かった。だが、学生最後のシーズンに向け「積極的に甘い球を打ちに行くことを心がけ、夏から打撃を磨いてきた結果が出た」と横井。来年からは社会人野球でプレーすることが決まっており、「これを自信にして、次のステージでも活躍したい」と力を込めた。【平本泰章】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS misonoの夫・Nosukeが闘病公表「精巣がんによる胚細胞腫瘍」
    2. 飲食店で爆発 けが人10人以上か 札幌市
    3. 札幌飲食店爆発 店「跡形もなく」 消防員近づかないよう呼びかけ
    4. 防府読売マラソン 川内が2年連続4度目の優勝
    5. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです