メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飲食店

生レバー提供容疑で書類送検 「やみ」はやみつき

 十分に加熱されていない牛のレバー(肝臓)を客に提供したとして、新潟県警生活保安課などは29日、新潟市中央区古町通8の飲食店「ジョー」を運営する飲食会社「ケーイズム」と、経営者の40代男性を食品衛生法違反の疑いで新潟地検に書類送検したと発表した。県警によると、商品名は「やみレバー」。男性は容疑を認め、「やみつきになるレバーの意味だった」と話しているという。

     送検容疑は4月下旬、中心部まで火が通っていない牛レバーを客2人に提供したとしている。店ではレバーの周辺部のみをあぶり、あぶっていない中心部を「やみレバー」として提供していた。

     この2人の客が飲食後に下痢や腹痛などの症状を訴え、新潟市保健所が同店を3日間の営業停止処分としたことを端緒に県警が捜査していた。少なくとも3年前からこうした牛レバーを提供していたという。【井口彩】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
    2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
    3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
    4. 注意され「カチンときた」 東名あおり事故、被告人質問
    5. 東名あおり事故 遺族「なぜあの場所に停車させたか」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです