メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本ハム

輝星“シャキーン”改良へ「自分を高められるルーティンを」(スポニチ)

 日本ハムのドラフト1位・吉田輝星(金足農)が「新ポーズ」の考案を宣言した。今夏甲子園で秋田県勢103年ぶりの準優勝を果たした金足農野球部が、秋田市から「秋田ふるさと市民賞」を贈られた。秋田市役所で行われた表彰式には注目右腕も出席。1215通の応募から当選した130人も参加した。

     壇上で行われた会見では「プロでシャキーンのポーズは続けますか」との質問に「プロ野球選手らしい、自分を高められる、格好いいルーティンをつくれれば」と回答。甲子園で話題となった刀を抜くしぐさの「シャキーン」ポーズ。現段階で「(新アイデアは)まだない」としたが、早ければ2月中旬の紅白戦でお披露目となるかもしれない。

     同賞は今夏のバドミントン世界選手権女子ダブルスで優勝した「ナガマツペア」の永原和可那と松本麻佑(北都銀行)ら、過去2組2人(計6人)が受賞し、男性では初の快挙だ。記念品として甲子園の土を入れるガラス瓶も贈呈され、吉田輝は「ファイターズの寮に持って行って、原点として忘れないようにしたい」と喜んだ。 (武田 勇美)(スポニチ)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
    2. 富士通 早期退職に2850人
    3. 漫画で解説 どうしてかむの?の巻
    4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
    5. 官房長官記者会見 申し入れ文書撤回求める緊急声明

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです