メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

G20

米中摩擦に懸念 首脳宣言は不透明

 【ブエノスアイレス中井正裕、光田宗義】主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)は30日(日本時間12月1日)、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで開幕し、初日の討議を終えた。米中貿易戦争を念頭に貿易摩擦が世界経済のリスクとなっていることに懸念を表明する国が相次いだ。1日(同2日)の閉幕までに採択を目指す首脳宣言で、自由貿易を推進する姿勢を打ち出す方向で調整しているが、どこまで踏み込めるかは不透明だ。

 開幕にあたり、議長国アルゼンチンのマクリ大統領が「2008年に我々が危機感を持って集まった時のよう…

この記事は有料記事です。

残り546文字(全文802文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  2. スキー客2人が行方不明 新潟・湯沢町
  3. 競馬 菜七子“伝説V”へ! JRA女性騎手初G1で決める(スポニチ)
  4. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」
  5. ありがたや、ノリ自販機登場 佐賀空港に全国初

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです