メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出版

「過労死落語を知ってますか」 毎日新聞連載が書籍化 遺族、作家、芸人 葛藤と奮闘の記録

 「晴レルデ」で9月まで、34回にわたって連載された「エンマの願い」編が、「過労死落語を知ってますか」(税別1300円)のタイトルで新日本出版社から出版された。

 「エンマの願い」は過労死落語のタイトル。社会派の創作落語を出前する「笑工房」(大阪・十三)を主宰する落語作家の小林康二さん(78)が書いた。過労自殺したシステムエンジニアの青年と閻魔(えんま)の庁の鬼とのやりとりから、問題の所在や関係する労働法などを説明する筋立てで、一から過労死問題を学べる内容になっている。

 現世を見ることができる鏡で、やつれはてた母親の姿を見て青年が涙する場面がヤマ場。昨年まで演じていた…

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文717文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告
  3. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  4. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  5. くらしナビ・ライフスタイル 口腔がん 進行前に発見を

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです