メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

目をそらさないで

「学びやの死角」編/3 被害者両親 不安なお 「学校対応 不十分」

被害者の両親が取材に応じ、事件発覚後の苦悩などを語った=名古屋市で、加藤沙波撮影

 その担任は、娘の様子をベタ褒めするだけであっという間に面談を終えた。まるで「近所のお兄ちゃん」と接しているようだった。えこひいきしているんじゃないか、娘に悪い影響がないだろうか--。教員としての資質に疑念は感じていた。それだけに「気づけたのかもしれない」との後悔を、両親は抱き続けている。

 愛知県知立市の小学校で起きた元講師の男(31)による児童へのわいせつ事件で、当時小学2年だった被害女児の両親が取材に応じた。娘の被害は、元講師の逮捕後に警察から連絡を受けて知ったという。事件のことを娘に尋ねたのは一度だけ。最初こそ平静を装っていた娘だったが、父親が粘り強く問いかけるとせきを切ったように泣き出し、事実を打ち明けた。「『助けられなくてごめんね』としか言えなかった」。父親は声を詰まらせ、涙をぬぐった。

 事件から2年がたった今も、被害に遭った年の話は一切しない。風呂上がりに裸で体育座りをし、下半身を父…

この記事は有料記事です。

残り653文字(全文1056文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NGT48暴行問題 山口さん反論にAKS、弁明に追われ 第三者委報告受け会見
  2. 高松商・香川が今大会初完封 春日部共栄降す
  3. タイで覚醒剤300万人使用か 押収量過去最高、日本にも流出
  4. 寄贈 闘病記を市に 子宮頸がん患いながら出産、朝霞の森田さん(46) 検診の大切さ知ってほしい /埼玉
  5. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです