メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

目をそらさないで

「学びやの死角」編/4 履歴書うそ見破れぬ 教員採用 仕組み限界

事件を起こし退職した元講師の教員免許は「無傷」だったため、再び教壇に立つことに(本文と関係ありません。一部画像加工してあります)=片山喜久哉撮影

 なぜ問題行動があった者を雇ったのか--。怒りの電話やメールが続いた。愛知県知立市の小学校で2016~17年に起きた元講師の男(31)による児童への強制わいせつ事件。元講師は埼玉県の小学校教諭だった13年に児童ポルノ禁止法違反容疑で逮捕され、罰金刑に。6カ月の停職処分となり依願退職したが、それを隠すため改名していた。なぜ再び教壇に立てたのか。

 教員免許は懲戒免職や禁錮以上の刑を受けるなどして失効するものの、停職処分だった元講師の免許は「無傷…

この記事は有料記事です。

残り1076文字(全文1298文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
  2. 盛岡の40代同性カップルがフォトウエディング 企画の団体「地方まだ理解進んでいない」
  3. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  4. 「どう接したら…」 職員に戸惑いも 暴言の明石市長3選
  5. 奈良の6人死亡バイク事故 死亡した少年1人を書類送検へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです