メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

目をそらさないで

「学びやの死角」編/5 再発防止へ研修重ね 教員悩む「距離感」

スクールセクハラ防止研修講座で教諭らを前に話す亀井代表(中央)=和歌山市で岡村恵子撮影

 「おひざに抱っこ」「二人きりになる」--。教諭たちが次々とふせんに書き込んだのは「どんなことがセクハラになるのか?」との問いへの答えだ。

 7月末、和歌山市で小中学校などの校長ら約80人を対象に開かれたスクールセクハラ防止研修講座を訪れた。講師は元中学教諭で、NPO「スクール・セクシュアル・ハラスメント防止全国ネットワーク」(大阪府守口市)代表の亀井明子さん(71)。亀井さんは「教師と生徒には圧倒的な力関係があり、そこから生まれるのが校内セクハラの実態。子どもは先生にノーと言えないということを知ってほしい」と訴えた。

 この組織は1998年の設立時から各地の学校などで研修を開いている。講座で亀井さんは子どもの接し方に…

この記事は有料記事です。

残り1001文字(全文1312文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  2. 西山さん「無罪判決もらえるよう、頑張る」 滋賀患者死亡・再審確定
  3. 除染土使用に反発「安全なら五輪に」 福島・常磐道の沿線住民
  4. 頼みのバッハ会長が水面下で「NO」突きつけ…JOC竹田会長は「詰んでいた」
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです