メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁・将棋スペシャル

囲碁 王めいえん九段、純碁で普及拡大 勝敗、分かりやすく

王銘琬九段

 <純碁指導対局>

 順番に交点に石を打ち、囲んだ相手の石は取ることができる--。囲碁は単純で奥深いゲームだが、未経験者にとって難しさの一つは、いつ対局が終わり、どちらが勝ったのか分かりづらいという点にある。

 その原因になっている「地が広い方が勝ち」というルールを、「盤上に石をたくさん打った方が勝ち」とした「純碁」を囲碁普及の起爆剤にしたいと、王銘〓九段(57)が活動している。

 王九段は「教えることにまったく興味がなかった」というが、「純碁を覚えた人は『碁が打てる』と、思った…

この記事は有料記事です。

残り1058文字(全文1297文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィギュア”魔改造”の男、著作権法違反容疑で逮捕 群馬県警
  2. 銀牙 -流れ星 銀- 舞台版のビジュアル公開 イケメン俳優が犬に
  3. 「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人の筧千佐子被告が記者に心境
  4. 半年前を思い出す大揺れ 札幌・タクシー乗り場に長い列も 北海道地震
  5. 厚真町で土砂崩れや雪崩を確認 北海道で震度6弱

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです