メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『自転車泥棒』 著者・呉明益さん

呉明益氏

 ◆呉明益(ご・めいえき)さん

 (天野健太郎訳、文藝春秋・2268円)

蜘蛛の巣を編むように

 古びた自転車が読者を乗せて、過ぎ去った時間、失った人々を慈しむような場所まで連れて行ってくれる。

 英国のブッカー賞の候補作にもなった台湾の人気作家の最新邦訳。一つの家族の歴史は、やがて大戦末期の台北から東南アジアのジャングルへ、時代と場所を超え、現実を超え、さらに視点をいくつも変えながら、壮大な物語へと連なる。

 「自転車について調べるうちにアンティーク自転車の市場を知り、私も所有するようになりました。一台一台…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
  2. 準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部
  3. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  4. 「どう接したら…」 職員に戸惑いも 暴言の明石市長3選
  5. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです