メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

荒川洋治・評 『散文精神について』=広津和郎・著

 (本の泉社・2376円)

文芸評論の意義を伝える文章

 文芸評論のよさ、すばらしさは、すぐれた小説や詩歌でも味わえないものだ。

 大正・昭和の激動期を生きた広津和郎(ひろつかずお)(一八九一-一九六八)の代表的論考の新版。作家論、散文芸術論から社会・政治論に及ぶ。大正から昭和戦前期の発表。個人と社会全体に向き合う文章の活動が見られる。

 凝縮を旨とする文芸評論では作品が数珠(じゅず)つなぎに登場。冒頭の「徳田秋声論」(一九四四)なら、…

この記事は有料記事です。

残り1283文字(全文1499文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  2. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  3. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  4. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  5. 中日・松坂投手 右肩の炎症で開幕絶望

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです