メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

彼が愛したケーキ職人 思いを台詞に頼らず微かな表情で伝える

 ベルリンのカフェでケーキ職人を務めるトーマスが、出張でイスラエルからやってきたオーレンと出会う。ここのお菓子は最高のベルリン土産だとか息子にいい土産物はないだろうかなんて会話の後、そのお店まで案内してくれないかと、ちょっと踏み込んだ会話。この2人は恋人になり、オーレンがベルリンに出張するたびに逢い引きする仲になります。オーレンにはエルサレムでカフェを営む奥さんとまだ小さな息子がいますから、不倫の恋ですね。

 ところがある日、帰国したオーレンと連絡が取れなくなった。いくら電話してもつながらない。で、人に聞け…

この記事は有料記事です。

残り1383文字(全文1638文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  2. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター
  3. JOC橋本聖子副会長が池江璃花子選手に言及「神様が体使って、伝えてきた」
  4. 「まこちゃんを救って」 難病の高校1年生、半年内の手術必要 同級生らが募金スタート
  5. 記者のこだわり 性暴力をなくすには 「魂の殺人」被害の男女が語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです