メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南房駅伝・東総毎日駅伝・印旛郡市駅伝

師走の千葉、走る /千葉

 師走の穏やかな天候となった2日、県内で三つの駅伝大会があった。沿道から熱い声援を受けながら、市民ランナーがたすきをつないで健脚を競った。(記録は上位の皆さん、敬称略)

 ◆南房駅伝 君津高、好タイムで連覇

 第73回南房駅伝大会(鴨川市、南房総市、館山市、鋸南町各体育協会、毎日新聞社など主催)は鴨川市陸上競技場をスタート、館山市の県南総文化ホールをゴールとする7区間37・6キロコースに28チームが出場して行われ、前回初優勝した君津高が大会2連覇を達成した。2位に前回3位の和田Aが入り、安房高OBで作るAwaProjectが3位だった。

 1区で先頭の和田Aに1分6秒差を付けられた君津高はじりじりと追い上げ、6区で逆転。アンカーが2位に…

この記事は有料記事です。

残り2424文字(全文2743文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  3. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  4. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  5. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです