メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと@あいち

名古屋ろう国際センター理事長 金ナムユンさん(50) /愛知

目標は就労の場を提供

 生まれつき耳が聞こえないろうの人にとって手話は母語という。読み書きする言語は、手話と語彙(ごい)や文法が異なるいわば第二言語だ。「外国人のろう者が日本語の読み書きを覚えようとするのは第三の言語を習得するようなものなんです」と力を込める。

 24年前、在日韓国人の夫との結婚を機に来日した。自分も言葉に苦労したが、さらに困難を抱える、ろうの韓国人と出会ったことが現在の活動につながる。「外国人という立場だからこそ彼らの大変さに気づくことができた」。母国で手話通訳の経験があり、日本でも資格を取得。ろうの外国人がきちんと日本語を学べる場を作ろうと、仲間たちとNPOを設立した。

 学びを求めていたのは外国人だけでない。若い頃読み書きを十分身につけられなかった年配の日本人も多く訪…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  4. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです