メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

万引きの元マラソン日本代表被告に執行猶予判決 前橋地裁

判決後、記者会見する原裕美子被告=群馬県太田市の太田市役所で2018年12月3日午後1時1分、西銘研志郎撮影

 群馬県太田市のスーパーで今年2月に菓子を万引きしたとして、窃盗罪に問われた陸上の世界選手権女子マラソン元日本代表、原裕美子被告(36)=栃木県足利市=の判決公判が3日、前橋地裁太田支部であった。奥山雅哉裁判官は懲役1年、執行猶予4年(求刑・懲役1年)の有罪判決を言い渡した。

 昨年7月にも足利市内で化粧品や食料品を万引きしたとして、同11月に宇都宮地裁足利支部で懲役1年、執行猶予3年の有罪判決を受け、執行猶予中だった。原被告側は摂食障害などによる心神耗弱だったとして、再び執行猶予を求めていた。

 奥山裁判官は、摂食障害に伴う窃盗症の治療を継続すれば再犯防止に一定の効果があるとして、「もう一度社…

この記事は有料記事です。

残り467文字(全文766文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  2. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  3. 中日・松坂投手 右肩の炎症で開幕絶望
  4. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  5. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです