メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡国際マラソン

服部勇馬が2時間7分27秒で初優勝

1位でフィニッシュする服部勇馬=平和台陸上競技場で2018年12月2日、森園道子撮影

 2020年東京五輪代表選考会・マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)の出場権を懸けた第72回福岡国際マラソンは2日、福岡市の平和台陸上競技場発着のコースであり、服部勇馬(トヨタ自動車)が日本歴代8位の2時間7分27秒で初優勝した。同マラソンでの日本勢の優勝は04年の尾方剛(中国電力)以来14年ぶり。

 すでにMGC出場権を獲得している前日本記録保持者の設楽悠太(Honda)は2時間10分25秒で日本…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  2. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  3. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです