メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡国際マラソン

服部勇馬が2時間7分27秒で初優勝

1位でフィニッシュする服部勇馬=平和台陸上競技場で2018年12月2日、森園道子撮影

 2020年東京五輪代表選考会・マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)の出場権を懸けた第72回福岡国際マラソンは2日、福岡市の平和台陸上競技場発着のコースであり、服部勇馬(トヨタ自動車)が日本歴代8位の2時間7分27秒で初優勝した。同マラソンでの日本勢の優勝は04年の尾方剛(中国電力)以来14年ぶり。

 すでにMGC出場権を獲得している前日本記録保持者の設楽悠太(Honda)は2時間10分25秒で日本…

この記事は有料記事です。

残り211文字(全文415文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  2. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  3. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  4. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  5. 中日・松坂投手 右肩の炎症で開幕絶望

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです