メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美食地質学入門

第9講 サワラ うまし瀬戸内 誕生のカギは

サワラの焼き霜造り(手前)、じょうよ蒸し(左)、けんちん焼き=大阪市阿倍野区で、猪飼健史撮影

 さかなへんに春と書くから、春の魚だと思っていたサワラだが、いま時分の寒ザワラが一番うまいんだそうだ。瀬戸内海のサワラも、毎度おなじみになったフィリピン海プレートのたまもので……。

 ■春告げ冬肥ゆる

 まずは「エコール辻大阪」副校長の大引伸昭先生に説明してもらおう。

大引「春を告げる魚と言った方が正確かな。産卵のため、太平洋から豊後水道や紀伊水道を通って瀬戸内海に入ってくるのが5~6月。漁が盛んなのはこの時期ですが、今の寒ザワラは脂が乗ってうまいですよ」

 漁場とされるのが、瀬戸大橋が架かる岡山と香川の間の備讃(びさん)瀬戸。海域がぐっと狭くなっている所…

この記事は有料記事です。

残り2016文字(全文2293文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  2. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  3. チェック 「ハーフ」偏見ない? なおみフィーバー、議論活発 都合のいいとき「日本人」/「ガイジン」いじめ、差別も
  4. クルド人男性 仮放免取り消され、入管施設収容 「早期解放を」 日本人女性と結婚後、わずか2カ月 /埼玉
  5. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです