メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

ベルツの苦言=玉木研二

 <ka-ron>

 ベルツ(1849~1913年)はドイツの人。明治の初め、西南戦争の前年に医学のお雇い外国人教師として日本に招かれ、東京大学で教えた。功績は大きい。

 日本人を妻とするなど、日本を深く愛し、文化を理解したが、批判も厳しかった。

 在職25年の祝賀会で述べたあいさつには、今も刺さるような言葉がある。岩波書店「日本近代思想大系14・科学と技術」から要点を引こう。

 それによると、日本人は西洋の科学を「年にこれだけの仕事をする機械」ととらえ、他の場所にもたやすく運…

この記事は有料記事です。

残り748文字(全文985文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  2. 「おまえのせいでとれなかった。殺すぞ」 ポケGO中か 警察官殴った疑い、男逮捕
  3. 園児に「バカ」「ブタ」、押し入れに閉じ込め…保育園で暴言・体罰13件 福岡市が改善勧告
  4. 授業中、不必要に名前を連呼など 一部教員のいじめも認定 高2自殺再調査報告書 山口・周南市
  5. 姫路市立中学 講師、ストーブで女子生徒を殴る /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです