メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外山口県沖で空自F2戦闘機レーダーから消える 2人が搭乗
サウジアラビア

記者殺害 皇太子、晴れぬ疑惑 側近にメッセージ11件

G20首脳会議での記念撮影。ムハンマド皇太子は目立たぬようにとの意図からか、後列右端に立っていた=ブエノスアイレスで2018年11月30日、AP

 サウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏事件への関与が疑われる同国の事実上の最高権力者ムハンマド皇太子。1日までの2日間、ブエノスアイレスで開催された主要20カ国・地域(G20)首脳会議に出席し、国際社会での信頼回復を狙ったが、「疑惑報道」は依然として続いている。

 【ワシントン高本耕太】米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは1日、米中央情報局(CIA)がまとめた分析を基に、ムハンマド皇太子が事件直後、殺害計画に関わったとされる側近のカハタニ元王室顧問に11件の「電子メッセージ」を送信していたと報じた。ムハンマド氏が実行を指示した新たな傍証だとしている。

 ジャーナル紙が伝えたCIAの分析概要によると、ムハンマド氏は10月2日にカショギ氏が殺害されてから…

この記事は有料記事です。

残り623文字(全文953文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
  2. いじめか 数人で男子生徒に暴行する動画をインスタに投稿 新潟青陵高校
  3. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  4. 注目裁判・話題の会見 元モーニング編集次長は妻を殺害したのか 東京地裁・初公判詳報
  5. ややパリには遠く~南仏留学記 寒さを避けて楽しむ「ゲームの夜」 冬場のフランス、こんな過ごし方も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです