メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNavi

お気に入りはどれだ? ボールペンの“ペン拓”をまとめられる手帳(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

「OKB48選抜総選挙」というイベントをご存知だろうか? 文字の並びは秋葉原発の例の有名アイドルグループに似ているが、こちらのOKB48は「お気に入りボールペン48本」の略。

 

OKB選挙管理委員があらかじめ選抜した“今の日本の筆記具シーンを代表するボールペン48本”の中から、自分の推しペンを投票して、日本の筆箱のセンターを決めよう!という、えー、あのー、なんというか、酔狂な企画である。

 

なんと今年2018年でもう8回目の開催。酔狂と言いつつ、実はすでに文房具ファン界隈では年末(今年は10月1日~12月31日開催)の風物詩ともなりつつあるのだ。

↑今年、都内で開催されたOKB48総選挙握手会(試し書き会)の様子。参加者の試し書き熱が激アツ!

 

基本的にはウェブ投票で行われるが、投票の配点が高くなるのは、実際に全国各地で開催される「握手会投票」の方。

 

エントリーされた48本がずらりと揃えられた会場で、実際に握手(=試し書き)をした上で気に入った“推しペン”に投票するのが、この総選挙の醍醐味でもある。

↑握手会のテーブルには、エントリーペンがずらりと並んでいる。皆さん、2〜3時間はがっつり試し書きにトライするのが普通

 

で、なんと今年の第8回大会からは、握手会に最適な専用の「試し書き用紙」まで発売されているのである。酔狂が過ぎる。

 

ボールペンの情報まで書き込める試し書きルーズリーフ

マルマンから発売された「puo スリムA5 筆記具試し書き用ルーズリーフ」は、握手会で選抜ボールペンの試し書きをがっつり行うのに、最適なようにチューンされた専用用紙だ。

↑マルマン「puo スリムA5 筆記具試し書き用ルーズリーフ」43枚入り 270円

 

そもそもボールペンは、書き込む紙次第で書き味が大きく変わってくる。そこで、試し書きをする紙を統一することで均質な比較ができる、というのが専用用紙のポイントだ。

 

紙自体はA5スリムサイズのルーズリーフ「puo」シリーズをベースに、OKB48主催の文具王こと高畑正幸氏が監修。マルマンのルーズリーフと言えば書き心地の良さが売りだが、この試し書き用紙には通常のルーズリーフよりも厚手のダイアリー用紙を採用し、水性・ゲル・油性を問わずペン先をがっしりと受け止めて書けるようになっている。紙質はかなりなめらか傾向で、スルッとした感触のもの。特に低粘度油性インクのぬるぬる系ボールペンは、どこまでもペン先が走って行くような書き味となる。

↑紙面の上半分はペンのデータ記入欄

 

紙面の構成は、日付・製品名・価格・芯径などのデータが書き込める欄と、試し書き用の5㎜方眼に分割されている。握手する際にデータも併せて記入しておくと、あとから自分で「あのペン、どんな感じだったかな」と思い返すペンログとして役立つ。

↑下半分と裏面は方眼のフリー試し書きスペース。ぐりぐり書いていると、ペンと紙、両方の書き味が楽しめる

 

ちなみに試し書きの内容はなんでもいいが、自分の名前や住所など“書く機会の多い”ものを書くと、性能の差が体感しやすい。手帳に使う人は小さい文字を書いてみるのも良いだろう。

 

ただし、詳細データまで握手会会場で書いていると、とてもじゃないが決められた時間内で48本すべてと握手するのは難しい。これらの情報は事前に記入しておくのが良さそうだ。

↑今回は、1枚の試筆に10分ほどかけた。これを48本分はなかなか体力が必要だ

 

また、リフィルには試し書き用紙に加えてペンリストページも同梱。筆記具名・試し書きをした日付などを記入することで、一覧することができる。また、試し書きページと対応させた目次としても使用可能だ。このリストが埋まっていくのは、なかなかコレクティブで楽しい。

 

試し書き用紙はもちろんバインダーで管理したい

情報を満載した試し書き用紙は、やはりきちんと管理・保管したいもの。そこで使って欲しいのは、「puo スリムA5専用バインダー」だ。こちらもOKB48用バインダーが用意されている。

↑マルマン「puo スリムA5 筆記具試し書き用バインダー」リフィル10枚付き 540円

 

こちらもOKB48対応バインダーとして用意されており、試し書き用紙リフィルが数枚プリインストールされた状態で販売されている。ペンリストリフィルと一緒に使うと検索性も高まるので、ぜひ合わせて使ってみて欲しい。

↑自分専用のボールペンデータブックが作れると、かなり楽しい

 

また、OKB48という企画にこだわらず、自分の持っているボールペン用データブックとして使うのもいいかもしれない。文房具好きを公表しているとよく周囲から訊かれる「オススメのボールペンってなに?」という質問(文房具好きあるある)に備えたサンプルにもなるからだ。

 

そんなデータブックを取り出してきた日には、おそらく訊いた相手からはドン引きされるだろうけれど。

 

【information】
第8回OKB総選挙サイト http://sugobun.com/
期間:2018年12月31日まで

【関連記事】
ニッチだけどあると助かる! 得体の知れない消しゴムの仲間2選
アイデアがふくらむ、考えがまとまる! 付箋の組み替えで着想するノート
アナログ派にはどう映る? スマホ&PC連携ができる「デジアナ文房具」の使い勝手テスト
オメデタ続きのキングジム「テプラ」を祝うテープだらけのカフェで知ってしまったこと
デジタル時代の今なぜ!? 「アナログ親子交換日記」がクラウドで大人気

情報提供:GetNavi web


毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  3. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  4. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  5. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです