メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

伝統料理「カプサ」(写真はイメージ)=ゲッティ

 【カイロ篠田航一】アラブ首長国連邦(UAE)で、結婚を拒否されたことに腹を立てたモロッコ人の30歳の女が、恋人の男性を殺害して遺体を切断し、その肉を使って伝統料理「カプサ」を作り、自宅近くで働いていたパキスタン人の建設作業員らに振る舞う事件があった。AP通信などが伝えた。

 男性は8月ごろから行方不明になっていたため、男性の兄弟が女の自宅を調べたところ、11月に料理用ミキサーの中から人間の歯を発見。DNA鑑定の結果、この男性のものと確認された。女は警察の調べに経緯を認めたうえで「結婚を断られ錯乱状態になった」と供述しているという。

 炊き込みご飯の上に鶏肉などを乗せたカプサは、UAEやサウジアラビアなどの家庭料理として知られている。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. グルメ 機動戦士ガンダム40周年記念!ガンダムオフィシャルカフェ『GUNDAM Café』が大阪・道頓堀の大地に立つ!(GetNavi web)
  2. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  3. NGT48暴行問題 山口さん反論にAKS、弁明に追われ 第三者委報告受け会見
  4. NGT48暴行問題会見 一問一答
  5. タイで覚醒剤300万人使用か 押収量過去最高、日本にも流出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです