メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

岡崎 武志・評『ノマド』『天国と、とてつもない暇』ほか

今週の新刊

◆『ノマド』ジェシカ・ブルーダー/著(春秋社/税別2400円)

 ジェシカ・ブルーダー『ノマド』(鈴木素子訳)には驚いた。ノマドとは普通「流浪の民」を意味するが、本書では「漂流する高齢労働者たち」(副題)のこと。現代アメリカ社会の一断面である。

 リタイア後にキャンピングカーに乗って移動する老人、あるいは夫婦。憧れの年金生活を優雅に満喫、と思ったら大違い。2008年の金融崩壊(リーマン・ショック)後、積みあげたキャリアも貯金も失い、住居を捨て、働きながら旅の空で生きる。著者はそんな人たちを取材した。

 彼らはガソリン代と生活費を稼ぐため、短期の雇用を求めて全米を走る季節労働者なのだ。最大の受け入れ口…

この記事は有料記事です。

残り1477文字(全文1782文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飲酒運転で阪神高速逆走、正面衝突 4人軽傷被害 36歳男を逮捕
  2. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  3. 「介護しているのに文句ばかり」夫の口を塞ぐ妻を逮捕 容疑は殺人未遂 大阪
  4. マルクスの墓、また荒らされる 「憎悪の教え」落書き
  5. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです