メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外藤井七段、公式戦100勝達成
SUNDAY LIBRARY

著者インタビュー 仙川環 『鬼嵐』

隠蔽(いんぺい)が悪い事態を引き起こすことを医療関係者ならよく知っているはず

◆『鬼嵐(おにあらし)』仙川環・著(小学館/税別1500円)

 医療ミステリーの第一人者である仙川環さんの新作『鬼嵐』は、北関東でのウイルスによるパニックを描いた長編だ。主人公の及川夏未は、東京の大学病院での研究者生活に挫折し、故郷の町に戻り、父のクリニックの医師となった。ところが、彼女が診た患者が次々にウイルス感染死を遂げる。

「地方都市を舞台に選んだのは、いまの日本を象徴する場所にしたかったからです。東京を舞台にすると、人が…

この記事は有料記事です。

残り1200文字(全文1452文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  2. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  3. ORICON NEWS 2018年 今年の漢字は「災」に決まる  “平成最後”過去23年間分も紹介&解説
  4. 藤井七段、通算100勝 最年少・最速で達成
  5. 片山氏「100%開示」 収支報告訂正で 野党の追及に皮肉も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです