メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外為・株式

NY市場 ダウ、799ドル下落 貿易摩擦懸念、再燃 下げ幅4番目

 【ワシントン中井正裕】4日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、米中貿易戦争や米国経済の先行きへの不安が広がり、前日比799・36ドル安の2万5027・07ドルで取引を終えた。1日の下げ幅としては過去4番目の大きさだった。トランプ米大統領が、米中協議が不調となった場合の対中制裁強化を示唆したことで貿易摩擦の悪化懸念が再燃。米国の金利動向から、景気減速への懸念が高まったことも下押し要因となった。

 ダウ平均の下げ幅は一時818ドルに達した。ハイテク株中心のナスダック総合指数は283・08ポイント…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 大谷、イチローの開幕戦を夜更かし観戦
  3. 武田・厚労省課長 韓国で逮捕 「韓国人嫌い」空港職員に暴行か
  4. 仙台市博物館 政宗の愛刀公開 ゲーム「刀剣乱舞」効果? 反響「普段の数十倍」 /宮城
  5. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです