メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナビゲート

ゲノム編集と安全保障=古川勝久(安全保障問題専門家)

 中国の研究者がゲノム編集技術を用いてヒトの受精卵の遺伝子を改変し、エイズウイルスに感染しないよう遺伝情報を書き換えた赤ちゃんが誕生したと発表して大問題となった。大学も病院も研究者の活動を把握していなかったという。もし事実ならば、研究者は深刻な問題のある活動をどの監督者にも悟られずに進めていたことになる。

 これは生命科学の安全・倫理面での問題にとどまらず、安全保障面でも重大な懸念を想起させる。実は、研究…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. 飯豊まりえ ホラー映画「シライサン」で初単独主演 乙一が長編監督デビュー

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです