メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

外国人待遇、悩む隣人 受け入れ先例

台北駅では週末、東南アジアからの労働者が友人らとおしゃべりを楽しむ=台北市で、福岡静哉撮影

 外国人労働者の受け入れについて韓国、台湾は日本に大きく先行して本格化させてきた。その制度は先進事例として評価される面もあるが、移民を認めず、経済優先の労働力不足対策にとどまっているのは日本と同じで、人権面での配慮には限界もある。雇用主に対する労働者の極端な立場の弱さや不法滞在の増加なども指摘され、日本に対し課題を投げかけている。

この記事は有料記事です。

残り2243文字(全文2409文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 米国で11年半ぶり、長短金利逆転 “景気後退の前兆”株価急落
  5. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです