メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

玉造小劇店

「お正月」15年ぶり再演 平成に“家”問う

「お正月」作・演出・出演のわかぎゑふ(右)と、出演する野田晋市=関雄輔撮影

 わかぎゑふが主宰する玉造小劇店が来年1月10~14日、ABCホール(大阪市福島区)で人気作「お正月」を15年ぶりに再演する。関西に住む一家の正月の会話を通じて、明治から平成まで、時代の移り変わりと家のあり方の変化を描く。

 初演は1995年。関東大震災後、関東から関西に嫁いできたハル(水町レイコ)を中心に、かつて武士だったという鈴木家の物語がつづられる。戦争、高度経済成長、学生運動と、時代とともに正月の光景も変わっていく。やがて元号が平成になり、阪神大震災…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文575文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィギュア”魔改造”の男、著作権法違反容疑で逮捕 群馬県警
  2. 銀牙 -流れ星 銀- 舞台版のビジュアル公開 イケメン俳優が犬に
  3. 「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人の筧千佐子被告が記者に心境
  4. 半年前を思い出す大揺れ 札幌・タクシー乗り場に長い列も 北海道地震
  5. 厚真町で土砂崩れや雪崩を確認 北海道で震度6弱

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです