メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京ディズニーランド 工事中新エリア公開 「美女と野獣」などテーマ、総額750億円

大勢の来園者で行き交う東京ディズニーランド内で進む新エリアの開発工事。奥に塔や建物が見える=千葉県浦安市舞浜で2018年12月6日午前9時41分、小林多美子撮影

 東京ディズニーランド(TDL、千葉県浦安市)で、2020年春の開業に向けてディズニー映画「美女と野獣」をテーマにするなどした新エリア(約4.7ヘクタール)の開発工事が進められている。運営会社「オリエンタルランド」は6日、工事の進捗(しんちょく)状況を報道陣に公開。多くの建物の骨組みはできあがり、内装や外観の工事の真っただ中だった。

     TDLの七つのテーマランドのうち、「ファンタジーランド」「トゥモローランド」「トゥーンタウン」にまたがるエリアを新たに開発している。新エリアの総投資額は01年開園の東京ディズニーシーの開発以来、最大規模となる約750億円が見込まれている。

    「美女と野獣『魔法のものがたり』」の完成イメージCG(C)Disney

     ファンタジーランドには、ディズニー映画「美女と野獣」の名場面を映画の名曲とともに深皿型の乗り物で巡るアトラクション「美女と野獣『魔法のものがたり』」が登場し、単体施設では過去最大となる約320億円。外観は高さが最大約33メートルある3本の塔の城で、周辺エリアも映画に出てくる村などをイメージしている。TDLで初となる本格的な屋内シアター「フォレストシアター」(約1500人収容)も建設される。

    「美女と野獣『魔法のものがたり』」の完成イメージCG(C)Disney

     未来をイメージしたトゥモローランドには、映画キャラクターのケアロボット「ベイマックス」が乗り物を引っ張る仕掛けのアトラクション「ベイマックスのハッピーライド」がお目見えする。

     「トゥーンタウン」ではTDLで初となるミニーマウスと会って記念撮影できる施設「「ミニーのスタイルスタジオ」が登場する。

     同社技術部エリア開発プロジェクトチームの古沢英紀さん(36)によると、工事エリアの高さ約3メートルの仮囲いにはキャラクターなどが描かれたフォトスポットを設けており、「工事が進んでいる様子も楽しんでほしい」と話している。【小林多美子】

    2020年春の開業に向けて工事が進んでいる東京ディズニーランドの新エリア(C)Disney 
    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」
    2. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
    3. 札幌の飲食店付近で爆発 けが人10人以上か 札幌市
    4. 札幌飲食店付近で爆発 店「跡形もなく」 消防員近づかないよう呼びかけ
    5. 幽霊消防団員 内部告発で活動禁止や嫌がらせの報復受けたケースも

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです