メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

来年は亥年 置物作り最盛期 高山・一位一刀彫

一体ずつ丁寧に彫られている来年の干支にちなんだイノシシの一位一刀彫=岐阜県高山市初田町の鈴木彫刻店で、大竹禎之撮影

 岐阜県高山市初田町の鈴木彫刻店で、飛騨地方を代表する伝統工芸「一位一刀彫(いちいいっとうぼり)」による来年の干支(えと)の「亥(い)」にちなんだ、イノシシの置物づくりが最盛期を迎えている。工房では、店主の鈴木英之さん(65)と息子の雄大さん(29)が一心不乱にノミを振るい、1体ずつ丁寧に彫り上げている。

 一位一刀彫は、イチイの木目を生かし、彫り跡を残すのが特徴。彫刻の大きさにより30~40種類のノミを…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  2. デサント 社内融和、ブランドイメージ立て直し急務
  3. 質問なるほドリ TOBなぜするの? 市場外で株式買い増し 経営見直し迫る=回答・釣田祐喜
  4. 準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部
  5. デサント TOB「反対」1000人超署名 従業員の約3割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです