メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

変わる食物アレルギー対応/上 お代わりは全員「対応食」

アレルギーのある子ども用の給食が完成し、指さし確認する岸町保育園の調理員。さいたま市内の認可保育所ではこうした指さし確認を徹底しているという

 乳製品にアレルギーを持つ東京都調布市の小学生が、給食でひとかけらのチヂミを食べて亡くなった事故から今月で6年。再発防止のために学校はどう変わり、治療はどこまで進んだのか。食物アレルギーへの対応の現状を探った。

 ●指さし確認し徹底

 さいたま市浦和区にある岸町保育園の調理室の朝は、食物アレルギー対応の確認から始まる。対応が必要なのは全児童150人のうち10人。0歳児以外の全クラスにいて、内容は卵▽乳製品▽卵と乳製品▽卵と大豆▽小麦と乳製品--とバラバラだ。確認作業は前日にも行うが、毎日出勤しないパート調理員もいるため、同じ内容を繰り返す。

 調理中は「除去食取ります」と声を出し、調理後は作った人とは別の調理員と「1歳クラス、〓〓ちゃんはパ…

この記事は有料記事です。

残り2273文字(全文2594文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  2. 世界の雑記帳 工場から液状チョコあふれ道路に、ドイツ西部で消防隊が緊急出動
  3. 服のにおい女性に嗅がせた51歳男逮捕
  4. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  5. 危険生物 徳島の磯で猛毒ダコ捕獲 注意呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです