メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神と喧噪の南アジアから

拡散する風説 うわさに躍らされた人々に襲われる黒人たち

黒人に対する差別の経験を語るナイジェリア出身のローレンスさん=ニューデリーで2018年12月2日、松井聡撮影

根強い「カニバリズム」の伝説

 「黒人がインド人の子供を誘拐して食べている」。インドの首都ニューデリー郊外で11月22日夜、ナイジェリアとタンザニア出身の男女計4人が暮らす民家が、このうわさを聞きつけた地元住民ら約200人に取り囲まれ、襲撃されそうになる騒動があった。男女は民家の窓から逃げたり、警察に救出されたりするなどして事なきを得た。地元警察は「黒人の中には不法滞在者もいたが、誰も誘拐されていないし、ましてや食べられた子供なんていない」とうわさを完全否定する。だが、黒人の「カニバリズム」(人を食べる習慣)を信じる地元住民は多い。

 事件から10日後、現場となったカクロラ地区を訪れた。今にも崩れそうな木造の粗末な小屋が建ち並び、牛…

この記事は有料記事です。

残り1600文字(全文1918文字)

松井聡

ニューデリー支局記者。1982年生まれ。2005年に入社し、福井支局、大阪社会部などで勤務。宗教と民族の多様性、発展と貧困、政治の混乱など様々なキーワードでくくれる南アジア。今何が起き、そしてどこへ向かうのか。将来を展望できるような情報の発信を目指します。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  2. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  3. 米子東の選手がベンチ入りせず
  4. 英国 EU離脱 続く混乱 欧州統合に懐疑の歴史
  5. 前夕張市長の鈴木氏が先行、元衆院議員の石川氏が追う 北海道知事選・毎日新聞電話調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです