メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中村敦夫さん

渾身の一人芝居、原発事故…社会の不条理に挑む 16日、鎌倉で上演 /神奈川

 元参院議員で俳優の中村敦夫さんが東京電力福島第1原発事故を素材に人の世の不条理をひもとき、いかに生きるかを問いかける朗読劇「線量計が鳴る~元原発技師のモノローグ~」が16日、鎌倉市の生涯学習センターで上演される。環境派を自任しながら原発事故に際して何もできない自分を厳しく問い詰め、なすべきを探し求めた末にたどりついた渾身(こんしん)の一作だ。

 作品は、原発の町で生まれ育ち、原発で働き、原発事故ですべてを失った老いた原発配管技師のパーソナル・…

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文545文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マルクスの墓、また荒らされる 「憎悪の教え」落書き
  2. 汚泥 解体工事で 6立方メートル流出か 県中山間農業研支所 /岐阜
  3. スキー客2人が行方不明 新潟・湯沢町
  4. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター
  5. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです