メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人・かお・トーク

早川の木と人に魅せられ 彫刻家・渕上照生さん /山梨

渕上照生さん(51)

 --どんな活動をしていますか。

 ◆早川町で1992年から、主に早川町奈良田地区で採れる木材で作品を創っています。重たく硬いカバ科のオノオレカンバという木を使い、生命や自然をテーマにした抽象的な作品を制作しています。

 東京都に住んでいた頃は流線型のフォルムをした抽象作品が多かったのですが、早川町に住み自然を身近に感じることで作風が変わりました。春は植物の成長を身近に感じ、秋には台風の影響を受ける。自然の力に圧倒される日々を形にしたいと考えました。2010年に発表した「森の生命」は、炎のゆらめきをイメージして彫り、生命の力強さを表現しました。

 早川町には縄文時代の集落があったとされ、近所で土器が出土することがあります。当時に思いをはせ、作品…

この記事は有料記事です。

残り771文字(全文1104文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. USJ入場料、10連休中「過去最高額」に 混雑緩和なるか?
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
  4. USJ年間パス、帰省費を補助…保育士不足に大阪市が奇策
  5. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです