メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

共生のために

外国人就労を考える 移民政策、正面に掲げて 日本文学研究者 ロバート・キャンベルさん(61)

 来日して8年目の1993年、銀行で住宅購入の融資を受けようとすると「永住権の申請が受理されたという証明がほしい」と言われました。当時は在留期間が足りないため申請しても永住権は得られないと分かっていましたが、銀行側は国が申請を受理することが、信頼の証しになると考えたようです。

 当時は九州大学の専任講師で国家公務員です。それでも、永住権申請のために精神疾患がないことや、採尿や採血で禁止薬物を使っていないことを証明しなくてはなりませんでした。住まいを確保するのにそんなことを求められる…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿・歌舞伎町のビルで発砲 男性が死亡 容疑者は逃走
  2. 小室圭さん、母の元婚約者男性との「金銭問題は解決済み」と公表へ
  3. パワハラで課長を停職3カ月 被害の部下3カ月休職 埼玉・嵐山町
  4. 防衛省 にじみ出る不快感 レーダー照射問題
  5. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです