メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ルノーは経営刷新を 臨時株主総会求める動き

 【パリ三沢耕平】日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン容疑者(64)の逮捕を巡り、ゴーン前会長が会長兼最高経営責任者(CEO)を務める仏自動車大手ルノーに対し、かじ取り役を失った株主から経営刷新を求める動きが出ている。ルノーは「推定無罪」を理由にゴーン前会長の解職を見送っているが株価が下落する中、筆頭株主の仏政府も難しい対応を迫られている。

 「新しいルノーのCEOに立候補したい」。ルノー株主で欧州議会議員を務めるブルーノ・ゴルニッシュ氏(…

この記事は有料記事です。

残り1273文字(全文1494文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  3. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 政治 交わらない枝野氏と玉木氏 自民「1強」の責任、野党にも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです