メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フォトスクランブル

ようこそ、本の世界へ 手に取る楽しみ、さまざま /北海道

森の六畳書房を営む櫻井さん夫婦=北海道浦河町で2018年11月26日、竹内幹撮影

 ページをめくると本の世界が広がり、静かな時間が流れる。若い世代の本離れや、インターネットでの本の販売や電子書籍などで紙の本や書店には受難の時代だが、こうした読書の喜びを伝える道内の現場を訪ねた。

 木々に囲まれた道を進むと一軒家の前に「森の六畳書房」と書かれた小さな看板が出てくる。浦河町唯一の新刊書店で毎週月曜日のみ営業する。神奈川県秦野市から移住した桜井広志さん(69)、けいさん(64)夫婦が選んだ500冊ほどの本が並び、ミニコンサートなども目当てに住民が集まる。けいさんは「ネットで手軽に購入できるのに手間をかけて本を注文し、買いに来てくれる。地元の書店がなくなってほしくないという思いが伝わる」と感謝する。

 昼休みを迎えた恵庭市立恵み野旭小学校。図書室と別に、本棚が置かれた小さな空間「ほんの森」に子供たち…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. NGTから卒業の山口真帆「アイドル辞める」 芸能活動は続行「夢に向かって」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです