メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遊ナビ

音楽 /東京

 ■第37回 ワンダフルoneアワー 漆原朝子&ベリー・スナイダー デュオ・リサイタル

     19日15時/19時半、Hakuju Hall(渋谷区・地下鉄代々木公園駅)。バイオリン=漆原朝子=写真左、ピアノ=ベリー・スナイダー=同右。バイオリニストの漆原は、欧州各地でのリサイタルなどで活躍。名ピアニストのスナイダーと協演し名曲を披露する。曲目はベートーベン「バイオリン・ソナタ第5番 ヘ長調 スプリング・ソナタ」ほか。各回全席指定3000円。未就学児入場不可。03・5478・8700(火~土曜10~18時)

     ■加納伊都 ヴァイオリンリサイタル

     20日19時、横浜みなとみらいホール小ホール(横浜市西区・みなとみらい駅)。バイオリン=加納伊都、ピアノ=松尾久美。横浜生まれのバイオリニスト、加納の年末恒例のリサイタル。国内と欧州を中心に演奏活動し、高く評価されている。曲目はブラームス「バイオリン・ソナタ第2番 イ長調」、ストラビンスキーのバレエ音楽「プルチネラ」より「イタリア組曲」ほか。全席自由一般3000円、学生2000円。045・622・6780

     ■平塚フィルハーモニー管弦楽団 ウィンターコンサート

     23日14時、平塚市中央公民館大ホール(神奈川県平塚市・JR平塚駅)。同市などで演奏活動をする市民オーケストラの冬の公演。有名な交響曲を披露する。曲目はハチャトゥリアンのバレエ音楽「ガイーヌ」(ボリショイ劇場版)から「剣の舞」などの抜粋ほか。全席自由1000円。未就学児入場不可。080・3095・3763

     ■ドラマチック・タンゴ「偉大なる歴史(グラン・ヒストリア)」フェルナンド・マルサン・セステート

     1月10日18時半、神奈川県民ホール大ホール(横浜市中区・日本大通り駅)。現代最高のタンゴピアニストのフェルナンド・マルサンが率いる「フェルナンド・マルサン・セステート」の来日公演。マルサンは国際的にヒットしたタンゴショーの音楽監督としても知られる。今回は本場アルゼンチンで活躍する歌手、ダンサーと共演する。ダンサーは「カルラ&ガスパル」ほか計4組が登場。曲目は「わが愛のミロンガ」「アディオス・ノニーノ」ほかを予定。全席指定S席6500円、A席6000円。未就学児入場不可。03・3226・9999

     ■ニューイヤー・コンサート2019 ウィーン・シュトラウス・フェスティヴァル・オーケストラ

     1月9日19時、東京オペラシティコンサートホール(新宿区・京王新線初台駅)。指揮・バイオリン=ペーター・グート、ソプラノ=アネッテ・リーピナ、バス・バリトン=平野和、演奏=ウィーン・シュトラウス・フェスティヴァル・オーケストラ。バイオリニストで同楽団の創設者のグートは、バイオリンを弾きながら指揮する。ソプラノ歌手のリーピナが歌声を披露し、バレエダンサーも登場。曲目はシュトラウス2世のオペレッタ「ウィーン気質」から二重唱「これがなくちゃあ許せない」ほか。S席8000円、A席6500円、B席5000円。未就学児入場不可。03・5774・3040

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「小中学生は大外刈り禁止を」 中一の娘亡くした父がネットで発信 全柔連相手に賠償提訴も
    2. 大坂が日本勢初の決勝進出 全豪テニス
    3. ORICON NEWS 吉田沙保里さん、ファンの声で引退実感「肩の荷が下りた」 20年ぶりの市販薬の効き目に驚き
    4. 大坂なおみの肌を白く表現したPRアニメ  日清食品が削除し謝罪  米マネジメント会社も削除要請
    5. 大坂なおみ、世界ランク1位の条件 WTA公式サイトが伝える

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです