メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

さぬき動物愛護センター

愛称は「しっぽの森」 住民と新たな出会いの場に 来年3月開所 /香川

完成したさぬき動物愛護センター=高松市東植田町で、小川和久撮影

 県と高松市は、来年3月10日に同市東植田町に開所する「さぬき動物愛護センター」の愛称を「しっぽの森」に決定したと発表した。保健所に収容されている犬や猫に健康診断やワクチン接種などを施し、譲渡先となってくれる住民との出会いの場として活用していく。【小川和久】

 殺処分されてしまう犬や猫を減らそうと、県と市が昨年12月から建設工事を進めて先月末に完成した。鉄筋コンクリート造りの平屋建てで、面積は約940平方メートル。親しみやすいような愛称を全国に募集したところ1492通の応募があり、埼玉県の70代主婦、後藤いくさんの案が採用された。「しっぽ」は犬や猫の可愛らしさの象徴を表し、動物たちの生活の原点で…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  2. 神戸バス暴走 「一緒に仕事していた仲間」「お姉ちゃん先生」 犠牲の若者2人を悼む声
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. WEB CARTOP 最近のAT車から「2」や「L」レンジがなくなった本当の理由とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです