メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 進駐軍から解放された萬平(長谷川博己)たちだったが、塩の専売局から取引停止の連絡が来る。福子(安藤サクラ)は塩作りをやめ、栄養食品「ダネイホン」の製造に専念することを提案する。

 萬平は、課題だった味の改良に取り組み、全国展開のため東京進出の準備も進める。業務と並行し、夜間学校に通わせてあげようと、…

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文364文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  3. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  4. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  5. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです