メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

共生のために

外国人就労を考える 同じ自由、対等な扱いを 作家・楊逸さん(54)

 日本がバブル時代だった31年前、留学生として来日しました。東京・新宿の日本語学校に通ったけれど、眠くて仕方なくて、勉強どころではなかった。そのくらい、深夜のアルバイトがきつかった。

 神奈川県秦野市の工場でコンピューターの外枠を作っていました。夕方5時から翌朝8時まで15時間、ベルトコンベヤーの前で作業をして、9800円をもらう。同僚は私と同じ中国人ばかりで、日本人と交流したり、文化に触れたりする機会はなかった。

 今、中国からの留学生は豊かになってアルバイトをしていない人もいる。でも、たくさんの技能実習生が工場…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  4. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです