メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

就労促進へ70歳奔走(その1) 社会支える障害者を

竹中ナミさんが優しく抱き「アニメ・ドラえもん」の歌を口ずさむと「重症心身」障害を持つ長女麻紀さんは笑顔を見せた=神戸市東灘区で、梅田麻衣子撮影

 「チャレンジド(障害者)の雇用・就労促進について、相談に乗ってもらえませんか」。10月4日、一本のメールが、神戸と東京に事務所を置く社会福祉法人「プロップ・ステーション」理事長、竹中ナミさん(70)の元に届いた。自民党総務会長に就任した加藤勝信・衆院議員からだった。

 今夏に中央省庁などで障害者の法定雇用率を水増ししていたことが判明し、制度が揺らいでいた。渦中に厚生労働相の職を離れ、与党幹部として問題に取り組むことになった加藤氏が、1億総活躍担当相時代から懇意にする竹中さんに助言を求めたのだ。

 神戸に暮らす彼女は同12日、東京・永田町に飛んでいった。「雇用率だけではあかん。チャレンジドが誇り…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  3. 堺市長、辞意固める 政治資金収支報告書に2億3000万円不記載
  4. 次期堺市長選に維新が候補擁立の意向 松井代表、竹山氏を批判「潔くなかった」
  5. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです