メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾貴史のちょっと違和感

米国から兵器爆買い 国民生活は負担増と削減一辺倒

 日常の気分転換で、スマートフォンのアプリケーションを使ってゲームをしていると、頼みもしない動画が始まり、別の、射撃やら戦闘やら殺し合いやらのゲームの宣伝を見せられることが多い。こういう表現を毎日毎日見せられていると、何か生命の尊厳に対する感覚が次第にまひしてしまうのではないかという不安を感じてしまう。

 戦争狂よりも平和ぼけを選択したい私の感覚で言えば、アメリカの銃社会は完全に異常だし、国が抱える病理…

この記事は有料記事です。

残り1351文字(全文1553文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. はやぶさ2衝突実験解説(下)「軽業」カメラが世紀の瞬間を捉える
  4. はやぶさ2衝突実験解説(上)アクロバティックな運用 カギを握る二つの新機器
  5. はやぶさ2 リュウグウ表面にクレーター確認 はやぶさ2、衝突実験に成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです