メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MD松尾のヒット解析

「ペルソナQ2」が初登場首位 「スマブラ」はスイッチ歴代最高レベルの初動に

 TSUTAYAで加盟店にゲームソフトの商品提案をしているマーチャンダイザー(MD)の松尾武人さん。バイヤー歴10年以上の松尾さんは、その経験からソフトの特徴に合わせた商品展開を得意としている。ベテランバイヤーがヒットの流れを解析し、今後の動きを予想する。

 新作の「ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス」(3DS、アトラス)が予想通り首位を獲得しました。ただし販売本数としてはややスロースタートという印象。「ペルソナ」と「世界樹の迷宮」というアトラスの2大タイトルの流れを引くタイトルですが、「ペルソナ」シリーズの新作というよりは、「世界樹の迷宮」の派生作という印象が強いのかもしれません。しかし、3DS本体がまた動いており、そちらは好材料だといえそう。注目の復刻版プレイステーション「PSクラシック」も3日に発売。月曜発売という珍しいケースでしたが、順調に売れていますね。これまでの復刻ハードと比べて、RPGなどじっくり腰を据えて遊べるタイトルが多いので、これからの寒いシーズンにもマッチしそうです。

今週の動き

 年末商戦の期待作「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」(NS、任天堂)がついに発売。予約もすさまじく、予約段階で3DS版の「大乱闘スマッシュブラザーズ for ニンテンドー 3DS」と同レベルに達する勢い。9月発売だった3DS版と異なり、今回は年末商戦期ということもあって、さらなる伸びが期待できそう。スイッチのタイトルとしては、歴代最高レベルの初動はほぼ間違いないでしょうね。

ランキングは次の通り(11月26日~12月2日・TSUTAYA調べ・限定版含む)

1位 ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス(3DS)

2位 ポケットモンスター Let’s Go!ピカチュウ(NS)

3位 ポケットモンスター Let’s Go!イーブイ(NS)

4位 バトルフィールドV(PS4)

5位 スーパー マリオパーティ(NS)シェンムー I&II(PS4)

6位 フォールアウト76(PS4)

7位 コール オブ デューティ ブラックオプス4(PS4)

8位 絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-(PS4)

9位 Dead by Daylight(PS4)

10位 マインクラフト(NS)

プロフィル

 松尾武人(まつお・たけと) TSUTAYAゲームリサイクル企画グループ リーダー

 「GAME TSUTAYA」加盟約550店に新作ゲームの商品提案をするマーチャンダイザー。1996年から家電量販店でゲームのバイヤーを担当。2002年にTSUTAYA入社後も一貫してバイヤーの道を歩んできた。ネオジオCDを2台購入したほどの格闘ゲーム好きだったが、現在は携帯版ドラクエなどで遊ぶ日々が続いている。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. スリランカ爆発 日本人1人の死亡確認 政府筋
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. スリランカ爆発 容疑者7人を逮捕
  5. ’19統一地方選 市議選の開票結果(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです