メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

重度障害者就労の壁 経済活動中に支援受けられず 「仕組み整備、国の責任」

音声でパソコンを操作する橘さん。スキルを身につけたものの就職活動に踏み切れない=神戸市灘区の自宅で2018年11月8日午後1時47分、杣谷健太撮影

 中央省庁や自治体で障害者を採用する際に「介護者なしで業務遂行が可能」という不適切な応募資格があった問題で、見直す動きが出ている。しかし、介護者が認められても、現行の公的な障害福祉サービスは勤務中に受けることができず、重度障害者の就労で大きなハードルとなる。専門家は「国は勤務中の介助の仕組みを整備すべきだ」と指摘する。

 「働いて社会に還元したいと思っているのに、どうすればいいのか」。神戸市灘区の自宅で障害福祉サービス…

この記事は有料記事です。

残り1201文字(全文1411文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. NGTから卒業の山口真帆「アイドル辞める」 芸能活動は続行「夢に向かって」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです