メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外強制不妊救済法が成立
ともに・2020バリアーゼロ社会へ

補助犬はいま/上 五輪「アクセス」課題 「視点と工夫で社会変わる」

東海道新幹線の多目的室に入り、新大阪駅から東京駅へと向かう木村佳友さん、美智子さん夫妻と介助犬デイジー=JR新大阪駅で2018年5月22日、高尾具成撮影

 世界で初めて2度目のパラリンピックを迎える2020年東京大会。今年10月、大会の玄関口となる成田空港(千葉県)内の一室で、多くの盲導犬や介助犬、聴導犬が静かに床に伏せていた。その横で現役パラアスリートたちが盛んに意見を交わす。

 「競技場だけバリアフリー化しても、アクセスに必要な交通機関や最寄り駅が改善されなければレガシー(遺産)は残せない」「集団競技をする車椅子アスリートが別々の新幹線に分乗して順番に会場に向かったケースもある」

 アスリートたちは同空港で開催された「日本身体障害者補助犬学会」の参加者。02年5月の身体障害者補助…

この記事は有料記事です。

残り765文字(全文1032文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 孫正義氏、ビットコインで145億円損失か
  2. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  3. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  4. ごみ部屋 女性を救出…体埋もれ、両足壊死
  5. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです