メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌舞伎

増補双級巴 吉右衛門出ずっぱりの大活躍=評・小玉祥子

増補双級巴(ふたつどもえ)

 大泥棒、石川五右衛門物の先行作から人気場面を選んで再構成した三世瀬川如皐(じょこう)作品。国立劇場文芸研究会補綴(ほてい)。吉右衛門が五右衛門で最初から最後まで出ずっぱりの大活躍。

 前半は娯楽性に富む。五右衛門の出生の秘密にまつわる悲劇、朝廷の勅使に成りすまして将軍足利義輝(錦之助)の館に乗り込み、正体を見破られても動じず、葛籠(つづら)を背負い、宙乗りで悠々と去る場面などを「夢」という設定で盛り込む。そして大詰の「五右衛門隠家」では家族の物語をじっくりと見せる。メリハリのきいた構成だ。

 吉右衛門は、妹小冬(米吉)の死を前にしても、さして動揺を示さない非情さ、足利館で武将となった幼なじ…

この記事は有料記事です。

残り534文字(全文844文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 久間元防衛相 詐欺容疑で会長逮捕のテキシアのパーティーであいさつ
  2. 自衛隊エピソードは空自幹部の息子 安倍首相明かす
  3. 白血病などの遺伝子治療製品、国内初承認へ
  4. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  5. 防衛省 空自F2後継機は新規開発 既存改良はコスト高く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです