メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クックパッドニュース

[材料2つ]じゃがいもと卵で作る「カリカリ目玉焼き」で簡単朝ごはん!

情報提供:クックパッド 利用規約

朝ごはんの定番「目玉焼き」。毎日同じ食べ方では飽きてしまうし、かける調味料を変えて味に変化を出すのも限界がある…。そんなときは、こちらの「カリカリ目玉焼き」はいかが?
ただ目玉焼きをカリカリに焼くわけではなく、じゃがいも入りで食べ応えもバッチリ。手間暇かかっているようで、意外と簡単なので朝ごはんにもおすすめですよ。

お財布にも優しい!

家にある食材で簡単にできるメニュー。しかも、作り方も簡単。千切りのじゃがいもを焼き、そこに卵を割り入れるだけ。白身が固まったら、裏返してもう片面を焼きます。じゃがいもの千切りにスライサーを使うと時短になりますよ!

カリカリポテトの☆つぶし目玉焼き by ぽくちゃん
カリカリに焼いた細切りのじゃがいもに、目玉焼きをつぶしてじゅーっと焼き付けたら、たまらないおいしさ♪手軽にできるので、もう一品や、朝ごはんや休日のブランチに♪お財布にも優しい♪

つくれぽには「美味しい」の声がたくさん!

「簡単にできるので何度もリピしています!」「わーっ、寝坊だ!の朝・・助かりました」「卵のつぶれた感じとポテトのカリカリがたまらなく好きです」など、つくれぽ(つくりましたフォトレポートのこと)でも大好評!

787c2e56579bbab9a3c0557f9ce5a6ed

じゃがいもと卵の組み合わせが絶妙!ただ焼くだけの目玉焼きもいいけれど、味や見た目に変化をつけたいときはこういう食べ方もアリですよ。しかもボリュームもあるので、朝からお腹も大満足。ぜひ試してみてください。

関連記事


情報提供:クックパッド 利用規約

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. USJ入場料、10連休中「過去最高額」に 混雑緩和なるか?
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
  4. USJ年間パス、帰省費を補助…保育士不足に大阪市が奇策
  5. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです