メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

道後温泉

「火の鳥」到来 本館工事の影響緩和策 来月15日から、入浴券やアニメでコラボ /愛媛

制作発表会で披露されたコラボ入浴券とつるの剛士さん(左)ら=松山市道後湯之町の道後温泉本館で、木島諒子撮影

 道後温泉本館の耐震改修工事による観光への影響緩和策として松山市が進めてきた工事を活用したPR事業「道後REBORN プロジェクト」が来年1月15日から始まる。手塚治虫の代表作「火の鳥」とコラボし、道後温泉の歴史をたどるアニメを制作するほか、本館正面玄関には火の鳥の到来をイメージした日よけ幕や灯籠(とうろう)をあしらうなどSNS映えも意識した演出で通常以上の集客を狙う。【木島諒子】

 プロジェクトは3年間で、エンターテインメント企業「ポニーキャニオン」が企画する。来年1月15日から…

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文681文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  2. スキー客2人が行方不明 新潟・湯沢町
  3. 「介護しているのに文句ばかり」夫の口を塞ぐ妻を逮捕 容疑は殺人未遂 大阪
  4. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」
  5. ORICON NEWS [ガンプラビフォーアフター]創造力が生んだFAガンダム、「プラモ狂四郎」が果たした“ガンプラ脳変革”

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです